• ホーム
  • 通販でインフルエンザの治療薬を安く購入する

通販でインフルエンザの治療薬を安く購入する

2019年06月27日
せきをしている男性

インフルエンザになった時、日本では病院で診察をして検査をし、インフルエンザであると確定してからしかタミフルを貰えませんが、検査でインフルエンザと診断できるのは発熱後12時間経過してからです。
その理由はウィルスが体中に蔓延するためには時間がかかるからです。
しかしタミフルは発症後48時間以内に服用しないと効果がないといわれており、病院へいくタイミングを誤ってしまうと既にタミフルを飲んでも意味がないという状況になってしまうリスクがあります。

現在の日本ではまだ特許が有効であるため、タミフルのジェネリック医薬品は出ていません。
しかし海外ではジェネリック商品も既に販売されていますし、海外から個人輸入をすればジェネリック品ではなく海外で一般的に使われているタミフルを安く購入することが出来るのです。
海外の薬を輸入することは特に難しいことではありません。
日本のインターネットで通販で購入することが出来ます。

病院へいく手間やタイミングを計っていたらどんどん症状は重くなってしまいますから、インフルエンザの治療薬として自宅に常備しておけば安心です。
通販で簡単に購入することが出来るので、体力のない年配の方や小さな子供がいる家庭では、予め手元に常備薬として備えておくのが良いでしょう。
病院で処方してもらわなくてもすぐに服用することが出来、早めに服用することでウィルスの増殖を抑えられますので、高熱で無駄に苦しむ時間も大きく減らせることになります。

タミフルと同僚のオセルタミビルを含むジェネリック薬はいくつかあり、タミフルと同様の効果が期待出来るだけでなく、ジェネリックのメリットである低価格での購入が可能です。
量も多く入っていますから一箱あれば家族皆で使えるでしょう。
個人輸入は偽物が流通していることもありますから気をつけなければなりませんが、しっかりとした個人輸入サイトで購入すればそんなリスクも減らすことが出来ます。

個人輸入で気をつけるべきは偽物

個人輸入を行う際に気をつけるのが、偽物の購入をしてしまわない事です。
偽物の薬を購入するとインフルエンザが治らなくなり、治療薬としても効果を期待する事ができません。
通販でタミフルのジェネリックを購入するには偽物を購入しない様にする為にも通販を行っているサイト選びが重要です。
もし通販で購入したタミフルを利用してもインフルエンザが良くならない場合には病院に行く事も検討しなくてはなりません。

放置しておくとインフルエンザが悪化する可能性もあるので、個人輸入でタミフルを利用しても良くならないには、早めの受診を心がけましょう。
またタミフルを飲む際ですが、服用する量を間違えないようにする事も大切です。
量を間違えてしまうと体調不良になってしまう事もある為、量には気をつけましょう。
個人輸入の場合は治療薬が英語で書かれている場合も多く、量を見間違えてしまう事もあるので、注意が必要です。

他にも理由として、タミフルのジェネリックの場合は、販売しているメーカーによって、用量がわかりにくい商品もあるので、注意するようにしましょう。
個人輸入をする時にはインフルエンザの治療薬を初めて購入する旨をサイトの管理人に伝えて、治療薬の使用方法を問い合わせておくと良いでしょう。

管理人がしっかりと対応してくれるサイトを利用すると偽物を購入する事もなくなりますし、薬を飲み間違える心配もないので、安心です。
信頼できる個人輸入サイトを見つける事ができれば、インフルエンザ以外の薬を通販で購入する時にも安心して購入する事ができます。
また何か合った場合にもサポートがしっかりしている所を選べば、直ぐに問い合わせの返事も来るので、安心感が違います。